住宅ローン金利の見直し

住宅ローン金利の見直し

銀行などが行っている民間の住宅ローンは融資条件などが異なってきます。また住宅ローンは返済期間が長いため環境の変化に合わせて見直しを行うことが重要でしょう。見直しの方法について紹介したいと思います。

まずは繰り上げ返済です。これは一般的にも有名で、まとまった資金が遺産などで手に入った場合に活用されます。繰り上げ返済ではローンの元本を返済します。その結果返済された元本につく利息がなくなるので総返済額も少なくなります。

繰り上げ返済には返済額はそのままで回数を減らす期間短縮型と毎回の返済額を減らす返済額軽減型の2パターンがあります。期間短縮型の方が利息軽減効果は高く、繰り上げ返済を早い時期に行うと効果は一層高まります。

次は借り換えです。これは現在の住宅ローンを一括返済する別のローンを借り入れることをいいます。借り換え後は新規のローンの返済が始まります。高金利時代にもし住宅ローンを組んでいる人がいたら、借り換えを行ってください。利息の軽減効果があります。

一般的にはローン残高が1000万円以上あって、残りの期間10年以上、さらに新しい住宅ローンとの金利差が1パーセントある場合に借り換えが有効です。

条件によっては手数料で損をしたり、借り換えられないこともあるので注意しましょう。

住宅ローンを組むと、住宅ローン控除が受けられます。初年度のみ自身で確定申告を行わなければありません。対象のひとは忘れず行いましょう。

年末の住宅ローン残高に応じて所定の金額を差し引いてくれます。取得者の要件は取得日から6ヶ月以上入居し、年末まで住んでいること。さらに10年以上の住宅ローンであること。また合計所得3000万円以下の人が対象となります。新築では50平方メートル以上の物件で半分以上が居住目的であることも条件です。万が一所得税が控除額より少ない場合翌年の住民税からも差し引けます。こうした税制上の特典もよく理解して利用しましょう。

↑ PAGE TOP