住宅ローン

住宅ローンの種類

住宅ローンには固定金利と変動金利があります。適用される金利は申し込み時ではなく、融資実行時となっています。今は、金利が安く固定金利でも十分に対応できます。固定金利を選ぶと将来金利が上がったとしても今の融資された時点の金利が返済完了まで続きます。変動金利を選ぶと金利は見直されるため、金利が高い状況ではこちらを選択しておくと有利でしょう。半年ごとに金利に見直されますが、返済額は5年に一度変更されます。その間は利息と元本の割合を変更することで対応されています。

変動金利は金利の下落時にはメリットがありますが、反対に上昇時にはデメリットがあり、金利が上がってしまいます。返済額が増加するときには1,25倍までという上限が設けられていて急激に返済額が上昇しないようになっています。

また主に民間の金融機関の主力商品になっているのが固定金利選択型ローンですこのローンの特徴は当初、一定期間は金利が固定されているのですが、その期間が終わると金利は見直されます。つまり変動金利の一種なのです。選択する固定金利の期間が長いと金利水準は高くなります。

住宅ローンは無理なく返済できる金額にしましょう。将来のライフプランの変化を考えて、計画を立てることが重要です。例えば現在共働きでボーナスもある環境であっても、どちらかが働けなくなったり、転職する場合を想定して返済計画を立ててください。

一般的に、毎月の返済額は手取り収入の25パーセントを目安とすると良いでしょう。25万円の手取りの場合62000円程度の返済額が目安になります。オリックス銀行でカードローンを使えば信頼できる会社ですし、期日さえ守ればキャッシングするという選択肢も全然悪くないです。まぁしっかり考える必要はありますが。参照:オリックス銀行カードローンの審査に通る方法とは?※即日融資OK

頭金をいくら用意できるかによって購入できる物件が決まってくるので頭金はなるべく多めに用意してください。なお住宅ローンを返済する人が団体信用生命保険に加入すると、万が一なくなった場合には住宅ローンの返済はなくなります。民間の住宅ローンでは強制加入になっていますが、公的住宅ローンでは任意加入です。

住宅ローンも大変ですよね。お金がいくらあっても足りません。専業主婦カードローンでしっかりお金をためましょう!おすすめです。

↑ PAGE TOP